眼精疲労の治し方とは

疲れた目をそのままにしておくと、徐々に進行します。最初に、少し目が疲れる状態になります。この状況が疲れ目の初期症状で、目を一旦休ませたり、たくさん寝ることで回復します。

しかし、放置したままにしてしまうと目の負荷が解消されません。
眼精疲労の状態には、例を挙げると目がすぐ乾いたり、日が暮れると視界がかすみ、近いところや遠いところに視点が合わなかったりします。

それ以外にも目の充血や目の奥の痛み、まぶたがあきにくくなるといった症状があります。

眼球のほかにも重大な症状に進行してしまうこともあります。コンタクトには、装着時間を厳守することと適切なケアが必須です。
理想とされる装着時間は13時間で、コンタクトをつけていた時間分は休ませることが必要です。

ちゃんと決められているようにケアを行うことが安泰なコンタクト使用のカギとなります。
遠くを見るときより、近距離で見たほうが、重要となるのが調節力です。

近見視力が弱いということは、子供が自分の手が届く場所で作業をしているとき、定まらないピントをなかば強引に合わせることになります。その結果近見視力が弱い子供は、眼精疲労、肩こり、というような症状に悩みます。
このような状況を見ると、「疲れ目」などといった表し方では物足りない気がします。
残念ですが、今現在での「子供たちの目の健康」は大きなテーマになっています。大人に限らず少年少女の眼精疲労などにもしっかりと目を向けることが大切です。

続きを読む